【薬剤師国家試験 実務 第104回 問222】

問222−223

78歳男性。経営している会社の業務量が最近急増し、デスクワークが毎日続いたため、眼精疲労と肩こりを強く感じ、一般用医薬品を購入するため来局した。男性が所持していたお薬手帳により、服用中の薬を確認した。男性はパーキンソン病で以下の処方薬を服用していることが判明した。

(処方)

レボドパ錠200mg 1回3錠(1日12錠)

1日3回 朝昼夕食後 30日分

問222(実務)

現在、薬局には以下の成分を含む一般用医薬品がある。この男性に販売するのに適切なのはどれか。2つ選べ。

成分(成人1日量)
1 (3錠中) フルスルチアミン100mg、ピリドキサールリン酸エステル水和物60mg、メコバラミン1500μg、コハク酸d-a-トコフェロール100mg、 ガンマ-オリザノール10mg、葉酸1mg
2 (9錠中) イブプロフェン450mg、ブロムヘキシン塩酸塩12mg、クレマスチンフマル酸塩1.34mg、ジヒドロコデインリン酸塩24mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩60mg、無水カフェイン75mg、カンゾウ乾燥エキス 120mg、チアミン硝化物24mg、リボフラビン12mg、アスコルビン酸100mg
3 (9錠中) チアミン硝化物30mg、アスパラギン酸カリウム・マグネシウム等量混合物200mg、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム900mg
4 (6錠中) ボウイ乾燥エキス240mg、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム800mg、ベンフォチアミン41,49mg、シアノコバラミン60μg、トコフェロールコハク酸エステルカルシウム51.79mg
5 (4錠中) ビスベンチアミン100mg、シアノコバラミン60μg、パントテン酸カルシウム20mg、リボフラビン10mg、ピリドキシン塩酸塩10mg、 ニコチン酸アミド20mg

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

  1. × ピリドキサールリン酸エステル水和物はビタミンB6の補酵素型であり、レボドパを抹消で脱炭酸する反応を促進し、脳内移行量が減少するため不適です。
  2. × イブプロフェン(解熱鎮痛作用)、ブロムヘキシン塩酸塩(去痰作用)、ジヒドロコデインリン酸塩(鎮咳作用)を含むため、感冒薬であるため眼精疲労と肩こりに対する薬剤としては不適です。
  3. 〇 チアミン硝化物(ビタミンB1の補酵素型)、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、神経痛や関節痛、眼精疲労を緩和する作用を持ちます。
  4. 〇 ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体)やシアノコバラミン(ビタミンB12)等の神経痛緩和物質を含んでいるため、適します。
  5. × ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)を含むため、適しません。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-