【薬剤師国家試験 実務 第104回 問221】

問221

88歳男性。独居。現在、高血圧症で以下の処方により在宅療養中であり、 日中もほとんど寝たきりの生活をしている。

(処方)

アムロジピン口腔内崩壊錠5mg  1回1錠(1日1錠)

                         1日1回 朝食後 28日分

患者は過去に貼付剤による接触性皮膚炎を発症したことがある。また、患者は1人で服薬できないため、50歳の一人娘が毎朝出勤前に薬の管理と服薬介助をしている。娘はこれ以上の介護負担は困難だと考え、将来に不安を感じている。医師からは、血液検査結果に異常は認められないが、最近、患者の嚥下能力が低下し始めているので、誤嚥に注意するように言われている。

問221(実務)

本日の訪問診療で、医師は軽度アルツハイマー型認知症と診断し、薬局に処方提案を依頼した。依頼を受け、薬剤師はアルツハイマー型認知症に適応のある医薬品の用法及び剤形を表のようにまとめた。患者の生活状況、全身状態、疾患などを考慮して、訪問医に追加提案する薬剤として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

医薬品(一般名) 用法 剤形
ドネペジル塩酸塩 1日1回内服 フィルムコーティング錠、口腔内崩壊錠、 細粒、ドライシロップ、内服ゼリー、口腔 内崩壊フィルム
ガランタミン臭化水 素酸塩 1日2回内服 フィルムコーティング錠、口腔内崩壊錠、 内用液
リバスチグミン 1日1枚貼付 経皮吸収型製剤
メマンチン塩酸塩 1日1回内服 フィルムコーティング錠、口腔内崩壊錠
  1. ドネペジル塩酸塩口腔内崩壊錠
  2. ガランタミン臭化水素酸塩口腔内崩壊錠
  3. ガランタミン臭化水素酸塩内用液
  4. リバスチグミン経皮吸収型製剤
  5. メマンチン塩酸塩口腔内崩壊錠

 

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

 

 

問221

  1. × ドネペジル(商品名:アリセプト)と比較して、1日の服用回数が多く、介助者の負担が増えるため、適しません。
  2. × 1日の服用回数が増えることに加え、嚥下能力が低下しているためガランタミン臭化水素酸塩内用液(商品名:レミニール)は適しません。
  3. × 過去に貼付剤で接触性皮膚炎を発症しているため、リバスチグミン(商品名:イクセロンパッチ)は適しません。
  4. × メマリー(商品名:メマンチン)の適応は、「中等度及び高度アルツハイマー型認知症における認知症症状の 進行抑制(メマリー錠5mg 添付文書より)」と記されているので、適しません。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-