【薬剤師国家試験 実務 第104回 問314−315】

問314−315

58歳男性。健康診断で血圧が高いことを指摘されて近医を受診し、下記の薬剤が処方された。日常的に車を使用し、ほとんど運動の習慣はない。また、長年の喫煙習慣があり、塩辛いものを好む。服薬指導時に「特に気になる症状もないし、副作用が怖いので、薬は飲まないでおこうと思っている。」と薬剤師に話をしていた。BMIは32、診察室血圧は156/101mmHg、家庭血圧は152/96mmHgで あった。

(処方) アムロジピン錠5mg 1回1錠(1日1錠)1日1回 朝食後 14日分

問314(実務)

この患者に対する服薬指導を行う際に、薬剤師が知っておくべきこととして正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 高血圧の診断には、診察室血圧に加え、家庭血圧を測定することが重要だが、 両者の値が異なる場合は診察室血圧を優先する。
  2. 禁煙は精神的ストレスの原因になるので、高血圧患者に対する禁煙指導は避けた方が良い。
  3. 降圧薬の服用により血圧がうまくコントロールできた場合、生活習慣の改善は必要ない。
  4. 降圧目標は、年齢や合併症の有無に応じて決められる。
  5. 減塩目標は、食塩10g/日未満である。

問315(法規・制度・倫理)

この患者は、「薬を飲まないでおこうと思っている。」という発言からも、行動変容ステージの無関心期(前熟考期)にいると考えられる。この患者を関心期(熟考期)へと促していく働きかけとして適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 患者の反応にかかわらず一方的に服薬指導や生活指導を行う。
  2. 健康行動の必要性や有効性について情報を提供する。
  3. 患者に健康行動実施の宣言をしてもらう。
  4. 患者の服薬に対する考えや感情(解釈モデル)を聞く。
  5. 主治医に連絡し、患者を説得してもらう。

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問314

1.× 診療室血圧とは病院で計る際の血圧のことです。一方、家庭血圧とは、家で計る血圧のことです。診療室血圧は、緊張によって通常より血圧が上がってしまう可能性があるので、リラックス時に計る家庭血圧を優先することが望ましいです。

2.× 喫煙と血圧の関係はまだ明確にされていません。しかし喫煙時に一時的に血圧が上昇する可能性もあるので、禁煙指導は必要と考えられます。

3.× 減塩食や適度な運動は必要です。

4.〇 通常は140/90mmHg未満です。しかし、糖尿病の方やタンパク尿(+)の慢性腎不全の方は130/80mmHg未満とされています。また、75歳以上の後期高齢者は150/90mmHg未満とされているなど、患者の疾患や年齢などリスクに応じた血圧目標に設定されています。

5.× 減塩目標は、高血圧診療ガイドラインにおいて、6.0g/日未満とされています。通常は男性8.0g/日未満、女性は7.0g/日未満とされています。

問315

1.× 無関心期(治療に取り組むということが頭にない状態)から関心期(治療に取り組むという心の準備が整わない状態)へ促すには、治療の必要性を理解してもらう必要があります。よって、一方的な指導は効果がないと考えられます。

2.〇

3.× 健康行動実施の宣言は、準備期(治療に取り組む準備が出来ている状態)の患者に有効であると考えられています。

4.〇

5.× 説得するのではなく、丁寧に説明し、理解してもらう必要があります。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-