【薬剤師国家試験 実務 第104回 問308−309】

問308−309

58歳男性。入院中にヘリコバクター・ピロリの一次除菌を行うことになった。現在処方されている薬剤があり、除菌時の治療薬の選択について医師から薬剤師に問合せがあった。処方は、以下の薬剤を考えているとのことであった。なお、 この病院ではDiagnosis Procedure Combination(DPC;診断群分類)制度に基づいて、入院患者の診療報酬を請求している。

アモキシシリン水和物
クラリスロマイシン
薬物A

<現在の処方薬>
クロピドグレル硫酸塩
プラバスタチンナトリウム
カルベジロール

問308(実務)

現在の処方薬を考慮して、薬剤師が薬物Aとして推奨するのに適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. オメプラゾール
  2. ファモチジン
  3. ポラプレジンク
  4. ラベプラゾールナトリウム
  5. ランソプラゾール

問309(法規・制度・倫理)

DPC制度に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 傷病名と診療行為に基づいて包括払い金額が決まる仕組みである。
  2. 入院中に使用する薬剤は、出来高払いで請求する。
  3. 手術・麻酔の費用は、出来高払いで請求する。
  4. 入院期間が長くなっても、包括払い金額は同じである。
  5. 全ての病院が、この制度を利用している。

引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問308

1.× オメプラゾール(商品名:オメプラール)はヘリコバクターピロリ除菌に用いられます。しかし、本患者はクロピドグレル(商品名:プラビックス)を使用しています。クロピドグレル(商品名:プラビックス)はCYP2C19によって代謝的活性化を受けるので、CYP2C19で不活性化されるオメプラゾール(商品名:オメプラール)を併用するとクロピドグレル(商品名:プラビックス)の効果が減弱してしまう可能性があるので、不適であると考えられます。

2.× ファモチジン(商品名:ガスター)はH2受容体遮断薬で、胃・十二指腸潰瘍に用いられますが、ヘリコバクター・ピロリの一次除菌には用いられません。

3.× ポラプレジング(商品名:プロマックD)は亜鉛含有の胃潰瘍治療薬で、ヘリコバクター・ピロリの一次除菌には用いられません。適応外ですが、亜鉛欠乏症に使用されることがあります。

4.〇

5.〇

問309

1. 〇 DPC(急性期入院医療の医療機関別包括評価)は、定額部分(傷病名)と出来高部分 (診療行為)を組み合わせて診療報酬を決定する制度です。

2.× 入院中に使用する薬剤は定額部分に該当します。そのため病院内で後発品の採用が多くみられるようになりました。

3.〇

4.× 入院期間が長くなると包括払い金額は下がります。入院期間を短くして、増大する国の医療費を削減する狙いがあります。

5.× DPC制度を採用しているのは全ての病院というわけではありません。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-