【薬剤師国家試験 実務 第104回 問284−285】

284−285 

45歳男性。結腸がんによる結腸切除術後に全身に転移が見られ、処方1により疼痛コントロールを行っていた。今回、疼痛増悪による疼痛コントロール目的 で入院となり、処方2に変更となった。

(処方1

オキシコドン塩酸塩水和物徐放錠20mg    11錠(12錠)

オキシコドン塩酸塩水和物徐放錠10mg    11錠(12錠)

                                                                      12回 8時、20時 14日分

オキシコドン塩酸塩水和物散10mg          11

オキシコドン塩酸塩水和物散5mg            11

                                                                     疼痛時 10回分

(処方2

オキシコドン塩酸塩水和物徐放錠40mg     11錠(12錠)

                                                                        12回 8時、20時 3日分

オキシコドン塩酸塩水和物散20mg         11

                                                                    疼痛時 5回分

入院時に薬剤師が行った痛みの評価では、「午後になると痛みが強くなる、NRS Numerical Rating Scale):8/10」、「どのタイミングか不明だが突然痛みが出 る。痛みが出始めるとすぐに強い痛みとなる、NRS8/10」とのことであった。 処方2の薬剤服用開始後に行った評価は、「午後になると強くなる痛みは改善、 NRS8/10」、「突然痛くなる状況は変化がない、NRS8/10」であり、この結果 を受けて緩和ケアチームで患者の処方を検討することになった。

284(実務)

緩和ケアチームの薬剤師は、オキシコドン塩酸塩水和物散からの処方変更を提案した。代替の薬剤として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. フェンタニル経皮吸収型製剤
  2. フェンタニルクエン酸塩舌下錠
  3. モルヒネ硫酸塩水和物徐放性細粒
  4. モルヒネ塩酸塩水和物坐剤
  5. モルヒネ塩酸塩注射液

285(薬剤)

前問での提案の理由として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 初回通過効果の回避
  2. 有効血中濃度の持続
  3. 速やかな薬効の発現
  4. バイオアベイラビリティの改善
  5. 副作用の回避

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31223日、224日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

284

  1. × 突出痛に対して効果を得たいので、経皮吸収型製剤は不適です。
  2. 〇 フェンタニルクエン酸塩舌下錠(商品名:アブストラル)は、効果発現が速やかであり、後々の退院を視野にいれても使用可能なので、本問の解答として適切です。
  3. × モルヒネ硫酸塩水和物徐放性細粒(商品名:モルペス)は徐放性製剤なので不適です。
  4. × モルヒネ塩酸塩水和物坐剤(商品名:アンペック坐剤)は坐剤なのでレスキュー薬としても用いることができます。また、退院後を視野にいれても使用可能ですが、突出痛が発現している患者さんに坐剤を挿入するのは容易ではないため、不適です。
  5. × モルヒネ塩酸塩注射液(商品名:アンペック注)は効果発現が速やかですが、退院後の使用が不可能なため、解答としては不適です。

285

  1. ×
  2. ×
  3. 〇 舌下錠は、舌下に入れ、急速に薬物を口腔粘膜から吸収薬物で、効果発現は速やかです。
  4. ×
  5. ×

websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-