【薬剤師国家試験 実務 第104回 問250−251】

問250−251 

75歳男性。7年前にパーキンソン病と診断され、レボドパ・ベンセラジド 塩酸塩配合錠の投与によって日常生活は問題のないレベルを維持してきた。胃がんの手術のため外科病棟に入院したところ、この配合錠を正しく服用しているにもかかわらず、症状の日内変動(wearing−off現象)が認められるようになった。

問250(実務)

外科の主治医から病棟担当薬剤師に、wearing−offの治療に関する相談があり、一剤追加することになった。提案すべき併用薬物として適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. トリヘキシフェニジル塩酸塩
  2. イストラデフィリン
  3. ドロキシドパ
  4. ビペリデン塩酸塩
  5. エンタカポン

問251(薬理)

前問で提案すべき併用薬物の作用機序として正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 線条体において、アデノシンA2A 受容体を遮断する。
  2. 線条体において、ドパミンD2 受容体を遮断する。
  3. 芳香族L−アミノ酸脱炭酸酵素によりノルアドレナリンに変換され、脳内のノル アドレナリンを補充する。
  4. 主に末梢において、カテコール−O−メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻 害し、レボドパの代謝を抑制する。
  5. 線条体において、ムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断する。

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

 

 

問250

レボドパの効果が発現してパーキンソン症状がコントロールされている状態がon、効果がなくなった状態がoffです。 パーキンソン病が進行すると、offの状態が長くなります。1日のうちにonとoffが混在する状態をwearing-off現象といいます。

1.× 抗コリン薬を高齢者に投与すると、せん妄、不安、口喝、排尿困難、便秘等が現れやすくなるので積極的には使用されません。

2.〇 アデノシンA₂受容体遮断薬であるイストラデフィリン(商品名:ノウリアスト)はwearing−off改善に用いられます。

3.× ドロキシドパ(商品名:ドプス)は、すくみ足改善に使用します。

4.× 

5.〇 COMT阻害薬であるエンタカポン(商品名:コムタン)もwearing−off改善に用いられます。ほかに、MAO阻害薬であるセレギリン(商品名:エフピー)なども用いられます。

 

 

問251

  1. 〇 イストラデフィリン(商品名:ノウリアスト)の作用機序です。
  2. × パーキンソン病にはD₂受容体刺激薬を使用します。D₂受容体刺激薬の代表的な薬剤として、麦角アルカロイド誘導体であるブロモクリプチン(商品名:パーロデル)、ペルゴリド(商品名:ペルマックス)、非麦角アルカロイド誘導体であるタリペキソール(商品名:ドミン)、レキップ(商品名:ロピニロール)があります。
  3. × ドロキシドパ(商品名:ドプス)の作用機序です。パーキンソン病におけるすくみ足に使用します。
  4. 〇 エンタカポン(商品名:コムタン)の記述です。レボドパ・カルビドパ又はレボドパ・ベンセラシドとの併用によるwearing-offの改善に用います。
  5. × トリフェキシフェニジル(商品名:トリフェジノン)、ピペリデン(商品名:タスモリン)の記述です。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-