【薬剤師国家試験 実務 第102回 問294-295】

問294-295 

29歳女性。1型糖尿病のため、インスリンを自己注射により使用していた。発熱を契機に3日前から全身倦怠感、下痢、嘔吐が始まり、これらの症状に加えて意識障害が出現したため、家族に伴われて救急外来を受診した。

身体所見:身長160cm、体重60kg

検査データ:血糖値418mg/dL、血圧110/60mmHg、尿糖(+++)、

尿中ケトン体(++)、

Na 129mEq/L、Cl92mEq/L、pH 7.1、HCO3   8.9mEq/L

 

問294(病態・薬物治療)

本患者及び本症例に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 Body mass index(BMI)が25以上の肥満である。

2 Glutamic acid decarboxylase(GAD)抗体は陽性である可能性が高い。

3 意識障害の原因は、乳酸アシドーシスである可能性が高い。

4 糖利用の低下により脂肪分解が亢進した状態にあると考えられる。

5 重症化した場合は、グリニド系薬剤の併用が推奨される。

 

問295(実務)

本患者に対する処置として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 プレドニゾロンの点滴静注

2 ブドウ糖の静脈内注射

3 生理食塩液の点滴静注

4 インスリンの点滴静注

5 アドレナリンの筋肉注射

 

 

 

 

 

 

(回答)

問294(病態・薬物治療)

回答は2と4である。

1. BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}である。

60÷(1.6 X1.6)=23.4である。

2. グルタミン酸脱炭酸酵素(Glutamic acid decarboxylase:GAD)抗体は自己免疫性1型糖尿病の診断に使用される。1型糖尿病は膵臓にある膵島β細胞の破壊によって引き起こされる。

3. 血中乳酸濃度が5mmol/L (45mg/dL) 以上であれば乳酸アシドーシスと診断される。本症例ではpHが低下しており、尿中ケトン体(++)、糖尿病性ケトアシドーシスであると考えられる。尿糖が(++)であることと、Naが軽度低下していること、HCO3は10mEq/l以下からも糖尿病性ケトアシドーシスと考えられる。

補足 : 乳酸アシドーシスはビグアナイド薬系のメトホルミンの副作用として警告に記載されている。

4. インスリン作用が不足している糖尿病では脂肪の分解が亢進する。

5. 1型糖尿病にはグリニド 製剤は使用されない。速効型インスリン分泌促進薬の分類される。

 

 

問295(実務)

回答は3と4である。

高血糖の初期治療は速効型インスリンと生食の投与である。

-PR-